製品案内

アイセスTOP製品案内LED街路灯 > ハイブリッドソーラーLED街路灯[HHL]・ハイパワーソーラーLED街路灯[HSL]

ハイブリッドソーラーLED街路灯[HHL]
ハイパワーソーラーLED街路灯[HSL]

自然のパワーでさらに明るく ハイブリットソーラーLED街路灯[HHL]・ハイパワーソーラーLED街路灯[HSL]

ソーラー式高輝度LED街路灯、風力と太陽光によるハイブリッド式高輝度LED街灯です。
防犯灯照明の推奨照度クラスAの明るさを実現し、防犯や小規模駐車場に必要な明るさを確保しました。
終夜点灯、また災害時や停電時にも点灯するので万一の時にも安心です。
クリーンエネルギーで発電しているのでCO2を排出せず、環境にも人にもやさしい街灯です。
ハイパワーの明るさ
街路灯だけでなく防犯にも適した、
推奨照度クラスAの明るさです。
災害時にも安心
災害の停電時には照明灯として威力を発揮します。
万一の際にも安心ある明るさです。
クリーンなエネルギー
太陽光や風力で発電しているので、CO2を排出しない地球にやさしい発電システムです。
光源はLED照明
LEDは、長寿命で白熱灯のおよそ1/8の消費量電力です。
また、LEDは虫が集まりにくい灯りです。
低風速でも明るさをサポート
ハイブリッド式は、低風速時でも始動回転し、太陽光による発電をサポートします。


アキタ・スタンダード

アイセスは全国で最も日照時間の短い秋田県において、長年太陽光発電の技術とノウハウを磨いて参りました。この過酷な条件下での蓄積された経験が現在のソーラー製品に活かされ「アキタスタンダード」ブランドとして自身を持って全国に発信していきます。

図:秋田県の日照時間


特 徴

14mの設置間隔で防犯照明の推奨照度クラスA

図:推奨照度
照明の光源に高輝度LEDを使用し、最適な配光になるようモジュールを配置しました。
防犯灯照明の推奨照度クラスA(※1)(※2)の明るさで、夜道や公園などで4m先にいる歩行者の顔や姿を確認できます。
※1 水平面照度(平均値)5ルクス以上、鉛直面照度(最小値)1ルクス以上。
※2 標準点灯時の明るさ。また、18mの設置間隔ではクラスBの明るさです。
(日本防犯設備協会「防犯照明ガイド」より)



省エネ

  • 風力発電機、太陽電池、蓄電池、LEDによる照明光源、各種検出器、およびこれらを有効活用するための制御機器で構成させています。
  • 太陽光や風力で発電した電力を蓄電池に蓄え、この電力を使用して機能するため、商用電源を使用しません。
  • 照明の光源に省電力で高輝度のLEDを使用しているため、長寿命でランプ交換のメンテナンスが低減します。
  • 人感検出器で人を検出し明るさを変化させる機能を持つことで、省電力と必要な明るさを両立して提供します。(図1)

図:点灯率


安心で安全

  • 高効率の太陽電池と大容量の蓄電池により、天候不良による充電が困難な状況下でも5日間の動作が可能です。
  • 終夜点灯できるため、街路灯や防犯灯の設置が望まれる場所(歩道など)、公園、防災公園、学校、駐車場、避難誘導路などの公共空間や、寺院・神社、住宅密集地の私道等で夜間・暗い場所に幅広く活用できます。
  • 50cmまで浸水しても照明灯として機能します。災害に直面しても安心です。


クリーンなエネルギー

  • 40W水銀灯を使用した場合と比較すると、年間約49,500リットルの二酸化炭素の発生を削減することができます。これは、20リットルのポリタンクで換算すると約2,475個分です。
    (環境省 算定・報告・公表制度より)
  • 自然エネルギーを使用していることによる教育的効果も期待できます。


主な設置場所

スッキリとしたデザインは、どんな場所にでも違和感なく設置できます。
カラーはシルバー(標準)、ブラウン(オプション)他からお選びいただけます。


写真:主な設置場所

仕 様

品名 ハイブリッド式
高輝度LED街路灯
ソーラー式
高輝度LED街路灯
備考
型名 HHL-LM18VTP200(A) HSL-LM18VTP200(A)  
太陽電池モジュール 単結晶シリコン太陽電池
200W(100W×2)
ハイブリッド/ソーラー共通
取付角度50°
取付方向 任意設定可(0~360°)
風力発電機 定格出力 50W
定格風速 8m/sec
最大出力 130W
(およそ13m/sec程度)
プロペラ始動速度 2m/sec
風車直径 950mm
本体質量 約9.5kg
強風対策 水平変更機構および制御による
 
照明 ランプ仕様 白色LEDランプ 約18W以下
期待寿命 60,000時間
道幅5m 設置間隔14m(18m)
平均照度5lx以上(3lx以上)(標準点灯時)
標準点灯で10年以上(交換不要)
コントローラー部 プログラム制御方式
  • 照明制御
  • 点灯-日没検出 消灯-日の出検出
    点灯動作 日没後3時間-標準点灯(100%点灯)
    3時間経過後-省エネ点灯
    省エネ点灯時-人感検出で標準点灯
  • 人感センサー制御
  • 充放電制御
    過電流保護 過放電保護 過充電保護 温度補償(充電電圧補正機能)
  • ブレーキ・過充電制御(ハイブリッド式のみ)
センサー検出
検出範囲 垂直:約90°水平:約120°
検出距離 約5m 検出数2個
蓄電池 シール型蓄電池
公称電圧12V 定格容量126Ah(42AhX3台) 期待寿命8年
 
支持支柱(ポール)および装置 錆び止め塗装+塗装色 メタリックシルバー(標準)
耐風速60m/s
オプションで塗装色および防錆対策可能
(ブラウン/溶融亜鉛鍍金など)
設置 標準基礎製作図面指示
□250mmX高さ約5,300mm
(風力中心)
□250mmX高さ約4,800mm
設置方法 ベース式(アンカーフレーム式基礎)
M24ボルト
総重量 約345kg 総重量 約295kg
不日照補償日数 6日(標準仕様の場合)  
動作温度範囲 -10℃ ~ +45℃  
維持・保守 特別なものは不要
定期点検(1回/年)を推奨
蓄電池の交換が8年毎に必要
風力に関して定期メンテナンスを推奨
特別なものは不要
定期点検(1回/年)を推奨
蓄電池の交換が8年毎に必要
蓄電池の寿命は設置環境に依存します


外形図

図:外形図

照度分布図

図:照度分布図

商品ご使用について


  • 本装置は、設置に必要な基礎ブロックおよび設置工事が必要です。
  • 太陽電池モジュールの設置方向は、任意設置可能ですが、基本的には真南とします。
  • 本装置を太陽光発電および風力発電に支障がない場所に設置してください。
  • 蓄電池の寿命は、使用環境により変化します。
  • 不日照補償日数とは、太陽光発電が日射不足で出来ない状態の時、蓄電池が満充電状態から使用した時蓄電池のみで街灯を機能できる日数となります。
  • 予告なく仕様を変更する場合があります。ご了承下さい。
  • 本装置のシステムおよび仕様についてご要望がありましたら、個別にて対応します。


ご相談・ご質問など、お気軽にご相談ください。
AISES(アイセス)の製品・サービスに関するご相談・ご質問、さらに詳しい説明をご要望の方は、右記お問い合わせフォームもしくは、お電話にてお問い合わせください。また、ご要望に応じた個別の対応も可能です。どうぞお気軽にご相談ください。
メールフォームでのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ/TEL 018-874-3252
開発事業への取組み設置場所によってサイズを変える 太陽光発電 複合システム太陽電池と蓄電池で電力を自給 電力自給型スマートバスストップ自然エネルギーを効率よく DCグリッド技術移動可能なコンテナと太陽電池モジュール 植物工場
ダウンロード
このページの先頭へ